Twinray ~「自分の何が “いけなかった” のか」と思う前に考えてほしいこと

 

 

ツインレイとの出会いによって、

抑えきれないほど強い愛が胸にこみ上げ、

 

それを、自分の全てを賭ける思いで相手に伝える。

 

 

それは一見、単純なことに見えますが、

そこにある決意の大きさは、並々ならぬものであり、

 

それを達成した人とそうでない人では、明らかに何かが違うものです。

 

 

人は愛を抱くだけではなく、その愛を伝える術を持ち、それによって、未来を紡いでゆくことのできる生き物です。

 

しかし、〈運命〉と呼べるほどの愛を感じた相手に、

その想いを受け取ってもらえないという経験をしたとき、

 

それは、自らを貶められたような感覚や、

未来に全く光が見えなくなるほどの深い絶望感を想起させます。

 

自分の全てが相手への想いに染まったならば、

その想いが届かなかったということは、

 

自分の全てが否定されたような感覚になってしまうのです。

 

 

 

 

 

ツインレイと出会い、その体験をした方々の大半には、その痛みを誰のせいにするわけでもなく、全てを自分に背負い込む様子が見て取れます。

 

〈自分の何がいけなかったのか〉

〈どうすれば良かったのか〉

〈ツインレイだと信じた自分が、愚かだったのか〉

〈自分に想いを寄せられたことが、相手にとっては迷惑だったのか〉

 

と、それまでの出来事のすべてに、自分で責任を負おうとするのです。

 

これは、自分のネガティブな感情の発端を相手に見ることなく、自らを省みる力が高い方、

そして意識が非常に繊細な方によく見られること。

 

 

 

 

 

その責任感や、感受性の強さは、本当に尊いものです。

 

しかし、

ツインレイという関係における感情体験に対しては
過度に発揮してほしくないものであることを、

今回お伝えしたいと思います。

 

 

 

まず第一に、ツインレイという関係で負う心の傷は、一般の恋愛におけるものを遥かに超える、強大なものです。

 

それは、自分の全てをさらけ出した結果であることはもちろんのこと、

その痛みを解決するのが、

時間というものではないからです。

 

 

胸が裂けるかのような痛みが、

半年、数年と残り続けることは珍しいことではなく、

 

ずっと心の奥に残り続けるのです。

 

 

 

普通に考えたら、一人では絶対に抱えきれないほどの痛みを抱えている方が、本当にたくさんいます。

 

それでも、愛が胸にある限り、その方は自分を省みることをやめようとしないかもしれません。

 

相手のために、何ができるのか。

自分には何が問題としてあるのか。

そこに、持てるすべての力を使って思考してしまう。

 

男性はそのような感情体験に耐えることは女性以上に難しいので、(多くの場合、)相手を忘れ去ろうと意図しますが、

その男性自身もまた、相手を忘れることもできずに苦悩しています。

 

 

 

 

 

なぜ、どうして、どうすれば、、

という思考は、
いい面もあれ、わたし達の精神エネルギーを消耗させます。

 

日常的に身体が重たく感じたり、行動を決意するのに、以前より多くの時間を使ってしまうこともあるでしょう。

 

ツインレイという関係の難題さと、その方の意識の繊細さ掛け合わさることで起きる悲劇ともいえましょう。

 

 

 

 

 

もしここまでを読んで、自分もそうかもしれない、のお感じの方に
ここでご提案したいのは、

〈責任をスピリチュアルに転嫁してみる〉ということです。

 

 

スピリチュアルという世界は、何度生まれ変わっても理解しつくせないであろう、未知の可能性に溢れた世界です。

 

 

その、スピリチュアルという広大な領域に、
ツインレイとの関係の原因の全てを見てみてください。

 

 

自分の決断が悪かったわけではない。

自分の愛が、相手の好まざるものだったわけでもない。

 

今の現実が創られた理由はわからないままに、

その原因が見えない世界にあるかもしれないことを受け入れてみてください。

 

 

もし、スピリチュアルではなく、自分自身に非を探したくなったら、

あなたは、自分の考えうる全てを尽くし、愛に対して正直であり続けたことを思い出してください。

 

 

その自分を真っ直ぐに見つめ、

現実がどうであろうと、

自身へと溢れるほどの愛を手向けましょう。

 

 

あなたが愛したその人へ向けたものと、

全く同じだけの愛を

に生きた自分自身へと向けるのです。

 

 

 

 

 

ツインレイという関係は、通常の恋愛関係でもなければ、精神的な課題に限ったお話でもございません。

 

ツインレイの愛の光は、様々な問題が複雑に絡み合い、覆い隠されているもの。

 

その障害の一つ一つを掬い上げ、

光へと還元してゆくわけですが、

 

長期に渡るその取り組みに入る前に、

スピリチュアルという世界の可能性を受け入れ、

自責や現実的な思考をやめる努力。

 

執着を無理に手放すのではなく、

今でも相手のことを愛している自分も認めながら、

 

自立した愛を模索してゆく姿勢。

 

 

 

そんなことを取り入れていただければ、

ご自身にとってのツインレイプロジェクトの全体が、緩やかに前進してゆく感覚を得られるでしょう。

 

自愛が胸の中で心地よく燃えているときというのは、

自分を省みることや、闇を直視することでさえも、ずっとスムーズで安全なのですね。

 

 

 

 

レイファムでは、スピリチュアルという大きな世界から、ツインレイだけに向けた情報やエナジーを切り出してお伝えしています。

 

しかし、地上にいる私たちは、

ツインレイである前に、普通の心を持った人間です。

 

人間としての自分の器を見過ごすことなく、

大切に大切にしてほしいと願っています。

 

 

理由なき愛

まずご自身に与えることから

始めてみてくださいね。

 

 

 

ruri

2018-6-23

 


おすすめ記事

 

 

〈スタッフコラム〉愛に悩み苦しむ人に伝えたいこと ~ruriより

 

 

 

 

6/29から、三日間をかけて、ツインレイにとって非常に難題なテーマをルシエルからのエナジーで超える一斉遠隔ワークを行います。2時間という長時間、エネルギーを浴び続けることで、ツインレイにとって相応しくない世界に縛り付ける強固な鎖を断つことになります。

 

【遠隔ワーク】〜家系のカルマの浄化〜Leciel 【6/29,6/30,7/1】(3日間)

 

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです