“お金”の真実 2 ~お金の闇と、アセンションとの関係~

前回記事の続きです。

(前回記事→“お金”の真実 1 ~お金のカルマが愛の繋がりを塞ぐ~)

 

“お金”というものはどのようなものなのかについて、お話ししました。

復習として、簡単に下にまとめます。

・お金は私たちの心と人生を左右する強い力を持っている

・お金はすべての人との人間関係を闇に包む性質をもっており、お金は愛に悩んでいる自分を覆い隠している

 

前回お話しした内容に続き、今回はお金と高次元との関係性を見ていきます。

まず、お金というものを高次元から見たとき、

お金というシステムを構築し、今なおこの地球の世界経済をコントロールしているのはの存在であることは明白な事実です。私達が所有している財産、紙幣の価値というものもまた、本当は信用するに値しないものです。経済は闇の組織がいかようにもコントロールできるからです。

国家が世界経済の基盤の上に成り立っている以上、国家というものもまた信用できるものではありません。

なぜ闇がお金に関係しているのかというと、その目的として、私たちがお金を得ることに没頭し、そこでの感情体験に揉まれていることで、人々に光の意識が芽生えることを防ぐことができるからです。そうして闇は、闇の組織が繁栄し続けることを叶えているのです。

前回では、人はお金を通じて社会や人間関係にコントロールされている、とお話ししましたが、さらに高い視点から観察してみると、私たち地球人類はお金というものを通じて、闇の組織に支配されているといえるのです。

 

闇からの支配は避けたいものであることは確かですが、

お金のあるこの世界に生きる私たちにとって、お金の存在しない社会というのは、想像もできない世界かもしれません。

しかし、事実として、あらゆる豊かさが無償で与えられる世界というのは別次元(他の星)に存在しています。

その世界にはもはやお金という存在もなければ、それに伴う不安や喜びというものも存在しておらず、人々はただ純粋に豊かさを享受しているのです。

ではなぜ、この地球ではお金というものを媒介しなければ、豊かさを得られないのか?
お金というただの数字が、豊かさの象徴となっているのか?

 

それは、地球人の多くが、お金という存在がなければ与え合うことのできない意識レベルであるからです。

ここで、前回お話しした内容を思い出してください。お金はあらゆる人間関係にある愛や信頼といったものを隠す力がある、ということでしたね。
ということは、もしお金というものが存在しなければ、人々が無償の愛で結ばれているのか?という点がはっきりと露呈することでしょう。これは、〈そこに闇があるのか、光があるのか〉が明らかになる、ということでもあります。

残念ながら、この3次元世界の人々はこの点に問題があるのです。地球人類というのは、お金というものがなければ、豊かさを奪い合い、激しい闘争の末に絶滅する可能性が極めて高い人類です。(ここで気を付けなければならないのは、皆が一様に意識が低いのではなく、平均して低いということです。)

ですから、お金というのはある一定の意識レベルの人々にとっては必要なシステムなのです。

 

 

ですが、私たちの今住んでいるこの地球が、光や高次元と完全に隔絶され、闇の繁栄だけに繋がっているわけではありません。

外宇宙ともよべる、この三次元世界の宇宙空間の外側では、地球人の意識レベルの状態に合わせて、様々なコントロールが行われています。それを行う存在たちは光そのものであり、完全なる愛をもっています。

闇を駆逐するのは彼らの望みでもあります。

ただし、お金に関して言えば、闇の存在を超越している光の存在が許容しているものでもあります。それは先にお話しした通り、〈お金がなければないで、人類は破滅する可能性が極めて高いから〉です。

そこで外宇宙の光の存在たちは、私たち人類を、それぞれの意識レベルに合わせたエネルギー領域へと分けていく操作を行っています。これは惑星規模で行っていることであり、これがアセンションと呼ばれるものです。

その選別のときに見るのは、その人の中に無償の愛があり、それによって生きることができる人であるか?というところです。

高次元の存在たちが見るのは、その人が周囲の人々や社会とどのように向き合っているか?(=闇の集合意識に癒着していないか?)というところであり、

(この地球のアセンションが行われる上で、)私たち一人ひとりが完全調和によって成り立つ新しい世界に適応できる意識レベルであるかどうかが、光の存在たちのもっとも危惧する点なのです。

 

 

お金というものは人々の集合意識によって成り立つものではありますが、自分の中でその集合意識から離脱することができさえすれば、その人の意識レベルに見合った未来が展開されるということは、私たちにとって大きな救いであると言えましょう。

とはいえ、いまこの瞬間、すべての財産を捨てるだとか、無償の奉仕活動を行い経済のシステムから離脱する必要はありません。必要なお金を求めることは、生きていくことにおいて当然のことであり、高次元存在はその点を許容しています。

しかし、お金というものによって縛られた人間関係や、お金によって拘束された精神状態などがあれば、そこは必ず浄化しなければなりません。

それができない限りは、アセンションは不可能であり、またツインレイとの統合も不可能です。そのひとは闇の意識に同調し、(愛を見ずに)お金を求める意識を持っていますから、高次元はその意思を尊重し、そのひとをアセンションをさせることはないのです。

もし私たちが本当の光というものに関心を持ち、そこへ行こうとするならば、浄化するべきなのは、お金が覆い隠したもの=人間関係の闇です。

お金のカルマを完全に離脱している人ならば、お金のある無しに一切の感情の起伏を起こさず、愛の関係性こそがあらゆる豊かさを凌駕するものであることを、その身を持って体現していることでしょう。

とても高い精神レベルであるとお感じになられるかと思いますが、アセンションを目標にしている人に求められるのはこのレベルの精神性です。

そこに至るには、

自分の中にがあるのか?

そして、自分の生き方と人間関係はそのの存在するものなのか?

そこをしっかり見つめる必要があります。

 

 

 

地球人は今、選択の時に来ています。

お金とどのように向き合い、どのように生きるのか?

それがわかったとき、あらゆる関係性が光へと転換されるのです。

 

 

2019-04-14

Rayfemme


この記事の続きはこちら↓

“お金”の真実 3 ~お金の闇から抜け出せない脳内システム~

 

 

前回記事

“お金”の真実 1 ~お金のカルマが愛の繋がりを塞ぐ~

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです