ツインレイが今知るべき 天照大御神の《天の岩戸伝説》が暗示する、性の真実

 

こちらの記事は、2019年9月7日に実施した罪悪感の浄化ワークのレポート内容を踏まえて書かれています。

以前実施した罪悪感の浄化ワークは、始めは感情のブロックとしての浄化を目指していたものの、
その背後にあった巨大な闇の核にぶつかったことにより、同じワークを再度実施して検証したところ、
思わぬタイミングで大きな真実が表出する運びとなりました。

全ての人の中に悪が眠っていて、

しかしその強固な岩がくるりと回転した先に、

巨大ながある…

その光とはワンネスであり、創造主であり、私達人類の本質でした。

実はこのビジョンを見たときに、あるワードが頭の中でチラついていました。

それが、天照大御神(アマテラスオオミカミ)の天の岩戸伝説です。

天の岩戸伝説は一見すると神々をユーモラスに描いた神話です。しかし実は、宇宙の真実をこれ以上ないほど明瞭に暗喩した、神から託された文書。

“解釈”によってひとたびその封を解くと、神話からあふれ出るエネルギーがあまりに大きすぎたために、この解明から今日の記事公開に至るまで、約半年間にのぼる長い期間を必要としました。

長くなりますが、ぜひお読みくださいませ。

 

 

この話は、太陽神であり、日本の最高神とされており、伊勢神宮に祀られている天照大御神の伝説です。
天照大御神は女性の神である説が多数ですが、最近では男性神である説も濃厚です。

古事記に書かれているこの伝説では、スサノオノミコト(天照大御神の弟とされる)やアメノウズメが登場し、その周辺にいる様々な神々たちも、非常に人間味あふれる姿で書かれています。
下に簡単にまとめさせていただきます。(重要な要素だけを抜粋していますので、忠実なものではありません。)ご存知の方は飛ばしてください。

 

* * * * * * *

 

神代(かみよ)の昔、空の上に高天原という神々の世界がありました。太陽の神天照大御神や弟の須佐之男命(スサノオノミコト)、その他多くの神々が暮らしていました。スサノオノミコトは大変な暴れん坊でした。(スサノオノミコトの悪事については割愛します)

スサノオノミコトの行いの酷さに、天照大御神は心を痛めて天の岩戸に引きこもってしまいます。
太陽神である天照大御神が天の岩戸に隠れると、世の中は真っ暗になり、次々と災いが起こります。

困った八百万(やおよろず)の神々は天安河原(あまのやすかわら)に集まり相談を始めます。相談の結果天岩戸(あまのいわと)の前で色々な事が試されました。
しかし、天岩戸(あまのいわと)の扉は開かず失敗しました。

すると、天鈿女命(あめのうずめのみこと)が招霊(おがたま)の木の枝を手に持ち、舞を踊ります。その回りでほかの神々で騒ぎ立てます。
アメノウズメノミコト(天宇受売命)は、天の香具山のヒカゲノカズラ(シダ系の植物。別名カミダスキ)をたすきに懸け、ツルマサキを頭にかぶり、笹の葉を手にもって、天の岩屋戸の前に桶を伏せて、それをドンドンガラガラ踏みつけながら踊りだし、神懸かりになりました。女神のダンスはエスカレートし、乳房をかきむしり、陰部を広げ、そこに着物のひもを垂れたのです。その様子に、高天原はどっと揺らぎ、見ていた神様たちは、大声で笑いだしました。

天岩戸(あまのいわと)の中の天照大御神は「太陽の神である自分が隠れて居るから外は真っ暗で、みんな困って居るはずなのに、外ではみんな楽しそうに騒いでいる。これはどうした事か?」と不思議に思い、天岩戸(あまのいわと)の扉を少し開けて外を見ました。神々は、騒いでいる理由を伝えます。「あなた様より美しく立派な神がおいでになりました。」「お連れ致します。」と言い鏡で天照大御神(あまてらすおおみかみ)の顔を写しました。鏡に映っているのが自分の顔だと分からなかった天照大御神は、もう少しよく見てみようと扉を開いて体を乗り出しました。その時、思兼神(おもいかねのかみ)が天照大御神の手を引き、岩の扉を手力男命が開け放ちまして天照大御神をに天岩戸から出すことが出来ました。

…………

そして、世の中が再び明るく平和な時代に戻ったと言われます。
暴れた須佐之男命は、その後反省し、天岩戸の里をはなれ出雲國(いずものくに)《島根県》に行き、八俣大蛇(やまたのおろち)退治をします。

―引用終わり―

* * * * * * * *

アマテラスとアセンション

この伝説の、一番のポイントは、アマテラスが岩戸に引きこもり、それによって世界が暗闇になり、アメノウズメの舞をきっかけに、アマテラスが外に出て、世界に光が戻ったということです。

このアマテラスの性別については、スピリチュアル界隈では様々な知見がありますが、レイファム独自のチャネリングでは、

アマテラスは、日本人のアセンションを起こすための、肉体の奥に秘められた遺伝的設計図の象徴として描かれている、と解釈しています。いわば、アマテラスとはアセンションDNAのことなのです。

日本は世界中で最も霊性が高い土地であり、日本人は最もアセンションに近い人類。

だからこそ、このアマテラスという日本で伝承されてきた神は、アセンションについての叡智そのものなのです。

 

 

 

アマテラスの多様な解釈

ここからが重要な問題です。

アセンションには、男女の性が深くかかわっています。それがすべてといっても過言ではありません。

皆様は今までのところで、「アマテラスはアセンションDNA?」と驚きのところでしょうが、今度は、

アマテラス、を真実の性エネルギーだと思って読み直してみます。

一番のポイントは、アマテラスが岩戸に引きこもり、それによって世界が暗闇になり、アメノウズメの舞をきっかけに、アマテラスが外に出て、世界に光が戻ったということです。

→一番のポイントは、真実の性エネルギーが岩戸に引きこもり、それによって世界が暗闇になり、アメノウズメの舞をきっかけに、真実の性エネルギーが外に出て、世界に光が戻ったということです。

アメノウズメの舞については、地上女性によって性の真実が明かされる、ということの暗示だろうと考えています。

今度はアマテラスを一つのスピリット(魂)として読んでみます。

アマテラスを男性としてとらえると、男性が真実の性エネルギーを世界にもたらす存在としてとらえることができます。

岩戸を女性の陰部として考えると、3次元世界では女性の肉体の中に性の真実が隠されていると読むことができます。

 

 

アマテラスは岩戸を出たとき、鏡を見て自分の本当の姿を知ります。それをツインレイだと捉えることもできます。魂が光の世界へと戻るとき(=魂が世界を光に染める)、私たちの意識は、ツインレイを通して自分の姿を知ることになる。そのことを表しているのです。

 

性の憑依霊は蛇の姿を取っていますから、ヤマタノオロチとは不真実の性の象徴であり、それが真実に目覚めた男性神(須佐之男命)によって退治されることは、3次元地球からの闇の根絶を現しています。すべての闇の根源には不真実の性があり、それが八つ頭に分かれた蛇の妖怪として、この神話に現れているのです。

 

ツインレイと共にアマテラスを目覚めさせる

多方向から解釈が可能であり、しかしアマテラスのこの伝説をどう解釈したとしても、すべてがツインレイの真実を明らかにしています。

逆に言えば、アセンションDNAの存在とその覚醒を、人類に伝えるための伝説だからこそ、多方向から解釈できるように描かれているのです。

 

 

私たちは闇の世界の中で、本当の自分の光を教えてくれる異性と出会い、その相手との性の交流によって世界に光をもたらします。

ツインレイの性の開花は闇の克服です。

この話が、一千年以上の時を超えて、この日本という国に伝承されてきたこと。

そこに深い意味があることは、ご理解いただけることでしょう。

 

 

高次元のアマテラスにチャネリングすると、

アマテラスは、たしかに、エネルギー存在として存在していますが、

ツインレイとの統合を約束された魂の内に

それを起こすためのアセンションDNAとして眠っています。

このアマテラスを目覚めさせること。

それが、ツインレイが向かう絶対的な未来です。

 

 

今月末から来月頭に行う遠隔エネルギーワークでは、このアセンションDNAを目覚めさせるための準備のため、

不真実の異性関係の中で肉体に刻まれた闇を洗い出すワークとなります。

最も見たくないもの、最も恐れるもの。

アマテラスが目覚めることなく、体内に眠ることになった巨大な諸因が暴かれます。

以上の内容をご理解の上参加をご検討ください。

 

Rayfemme

2020-02-25

 

 


アマテラスによって

ツインレイ女性の子宮に溜め込まれた

過去の不真実のエネルギーを

強力で鮮烈なエナジーによって浄化し

真実の女性としての解放へと導きます

 

 

<お申込み(ご入金)締切>

2/28(金) 15:00まで

女性のみ参加可

募集ページはこちら

 


関連動画

女性の身体とスピリチュアルとの繋がりを理解する上での、初歩的な内容を下記の動画でご説明しています。ご存知の方は多いと思いますが、何度も深くご理解いただきたい大切なポイントになりますので、ぜひご覧ください。

 

関連記事

不真実の異性関係で受け取った闇エネルギーが女性を蝕む

※今回のこの内容の解明へと繋がることになった、2019年9月の(misogi pendant保持者のための)無料遠隔ワークのレポート記事です。↓

【遠隔レポート】罪悪感の浄化~connect to oneness~2019 9/7,8 (2days) “二元性に阻まれた、真実の性の開花” (1ページ目)

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです