ツインレイにとっての「恋愛」とは、それは苦悩のはじまり。。

ツインレイと出会い、しばらくすると恋愛感情へと進んでいく方がとても多いのが通常です。

そしてこの地球においての男女の出会いは

そうなるのが当然でもあります。

 

しかしそれはツインレイの本来の在り方ではなく

双方がかかる強力な魔法のようなもので、
高次ツインレイでありながらもこの地上の集合意識に囚われている証でもあります。

 

それは浄化を何度繰り返しても、
極細の糸で繋がれているようなもので、
実際その感情から解き放たれることは至難の技です。

 

それは、見えない世界、地球の霊界の闇の存在からすると、
その人が何に一番惹かれ何に囚われ執着しやすい人物であるかが明らかにわかり、

そこに狙いを定めその執着する想いを標的に、その人の持つ欲や弱みを餌にして憑依する場合もあり、それを繰り返し続ける状態に陥るためでもあります。

 

 

その目的はその方が成長しないよう妨害すること、

本来の真実の男女の完成を阻むことにあります。

しかし本人にとってはそれこそが愛であり、強く結ばれた絆のように思い込まされていくのです。

 

 

ツインレイとは、恋愛の関係やこの世にある集合意識に囚われた男女の関係性とはまったく別の時空に存在します。

 

この地上的な未来図を望んだとしても、その地上的な恋愛感情を持ちながらでは決してその未来が訪れることはなく、

むしろ見えない闇の存在によってその考えや想いに留まらせようとする、その威力に屈し続け、

いつかその望みが叶うと信じ、絶望と期待を繰り返し続けるだけの人生となる可能性を孕んでいます。

 

それは前進しているように見えることもありますが、その感情からくる相手への執着や、そこに巣くう憑依に囚われ、恋愛感情に固執している限りずっとその場に立ち尽くしているようなものです。

 

恋愛感情でツインレイの相手を見るときには、それは相手もまた真実の姿ではなく、集合意識に囚われた、本来の姿からかけ離れた存在として映っています。

 

この地上で目にするツインレイの相手は、自分の投影した存在であり、自分自身の意識の状態が映した幻影であるとも言えます。

 

 

しかしながら、恋愛感情というものはそれでも頑なに固執し続けます。

 

 

なぜ一般的なツインレイ以外の相手と同じ恋愛関係であっても、ツインレイの場合そこまで執着してしまうのか。

 

それは、魂から来る強い想いがそうさせてしまうのであり、諦めるとか、終わりにするといった次元のものではないためです。

そうした強い想いがありながらも、この地上での転生を繰り返している間に、非常に多くのネガティブな波動を取り込んでいることが、この真実の愛を歪めて具現化しているのです。

 

そこが、この地上の通常の男女関係とは違うところであり、ツインレイに出会ってからの最大の苦悩するところかもしれません。

 

 

一般的な良い恋愛関係にみられる適度な幸福感に比べ、ツインレイが恋愛へと向かうとそれは激しい苦悩となり、叶わぬ夢を追いかけ続けるだけの空虚な姿でしかありません。

真実のツインレイ達にとっては、闇であるその恋愛感情というものを完全に断ち切り、この地上で見えている相手を一旦は完全に手放し、執着する相手を欲する気持ちを完全にクリアにしなければ、憑依もまた立ち去ってはくれません。

 

長きに渡る浄化の継続を土台として、意識の上昇とともに、そのタイミングが訪れる時が来ます。

 

 

真実のパートナーとの出会いは、この地球の分離経験の最たるものの一つであり、それは男女という二元性における極と極

いかにこれが分離というものであるかという苦悩の体験こそが、

 

ツインレイにとって

分離地球における「恋愛感情」というただのツールでもあったことに気づかされるのです。

 

そしてそこからが真実のツインレイとして、統合へのスタートラインなのです。

 

Rayfemme


<関連記事>

ツインレイ自立のための癒し~Maria energy~

ツインレイ統合へと進むために


苦悩する恋愛感情は

インナーチャイルドを癒すことによって

解放することができます

また、あらゆるネガティブな波動を

クリアリングすることも必要です

 

<関連商品>


Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです