ツインレイ自立のための癒し~Maria energy~

 

 

ツインレイを取り組み、進めて行く上での、

特に”具現化”の段階において

最も重要なのは、

男女それぞれがどれだけ自立しているかなのです。

 

 

過去生や、今生での幼少期、

また現在に至るまでの間に起きた

トラウマが癒されないままに

ツインレイと出逢うと

3次元的恋愛へと進み、

お互い持った精神的傷、

それは寂しさ、不安、怖れ、空虚感など。。。

を埋め合う関係に留まり

本来の魂が望む関係性とはならず、

ただただ、相手に対し自分に対し絶望し、

その時点で考える幸せとは

ほど遠いものと感じられてしまうのです。

 

 

この世界では、

お互いに思いやりを持ち愛情でもって

それらを癒し合うのが通常で、

そうした支え合いの心で関係性を育み、

恋愛や結婚へと成立するのが

この地球での3次元的在り方です。

 

しかし、ツインレイの場合、

各自が持ったその傷を自分で癒し、

その痛みを超えない限り、

この地上での恋愛とは違い、

関係性が進むことはありません。

 

 

それは、お相手と自分との間には、

神聖な繋がりである

真実の愛が介在しているため、

未浄化なものや、癒されていない傷を持ったままには

その神聖な繋がりとは決してならないためです。

 

そこが地上の通常の恋愛とは違うところであり、

お相手との間にある

その真実の愛を

どれだけ信じ、感じることができるかが

重要なところとなります。

 

 

各ハイヤーセルフや魂は

致し方なく、あえて

肉体を持つツインレイ男女を別離させ

それぞれでその浄化、癒しを終了させ、

自立が整った段階で再び会わせるという

計画をしています。

 

その分離期間に会う機会があったとしても、

それはお互いにとって、

会ったことでの気づき、

何をまだ手放すべきか、

どう相手に対し感情が揺さぶられるのか、

といった、客観的に気づきを得るための

ハイヤーセルフの計らいであり、

真実の愛を確信するところまで、

導くものでもあります。

 

 

お相手と自分の間に存在する真実の愛、

それを感じるには、

浄化と癒しが必要となります。

浄化については初期の段階においては、

絶対的に必要なものであり、

何度となくお伝えしてきましたが。。

 

癒しについては、

特に地上での具現化の段階において、

精神的外傷による影響が

はっきりと現れて来るものであり

事前に癒しておく必要があります。

 

神聖な繋がりであるお相手は、

その傷を癒したり、欲することをしてくれたりと、

要求を叶えてくれる相手ではないのです。

 

それは、神聖な相手を、

自分にとって都合の良い相手

にしてしまっているということであり、

 

自分の欲を叶える道具にしている

ということでもあります。

 

 

結果として、ツインレイ男女は

お互い相手に求めず、

自分1人で立ち上がり、

自身を自らが支えとなり

お互いが

真実の愛のみで繋がる相手

として存在しています。

 

ですが、この地球という重い波動世界で

1人で立ち上がるのはかなり困難なものがあります。

どうしても、好きな相手に求めてしまう衝動を抑えきれない

といったこともあります。

 

そうしたこの世界にいるツインレイのために

mother Maria が愛を向けてくれました。

 

 

精神的にも限界状態にいるツインレイたち、

その心を解きほぐし、

温かな母性のような愛で包み込み、

柔らかなエナジーでその心に負ってしまった傷を癒し、

抱きしめるかの様な愛の波動によって、

 

本来、幼少時に親が子供に対して向けるはずの

その愛を得られず、

大人になってからは

恋愛相手にそれを求めてしまうところを、

Mariaがすべて引き受けてくれます。

 

 

そのエナジーは

Maria ペンダントとして

具現化しました。

 

 

エナジーを一定期間集中的に受け取り続けることで、

その自立に向かう精神をサポートします。

 

自分を許し受け容れる存在となっていくことで

本来の自立した大人の人間として、

 

そして

そうなった頃には、

お相手との関係性の中で、

“真実の愛” を見出すことになるでしょう

 

 

2018-03-15

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです