【重要】<ランナーとチェイサーの関係要因>感情の二元性がツインレイの二人を引き裂く

 

 

今回ご紹介するのは、地上でツインレイの異性に出会ったすべての方のうちの多くが苦しむ、

ランナーとチェイサーと呼ばれるような、追い追われる関係性ができてしまう理由について、スピリチュアル的な観点で詳細にご説明いたします。

 

永遠の愛で結ばれているはずのツインレイがなぜ、不毛な現実を体験し続けるのか…

それを明らかにすることで、今この瞬間から、その状態を脱するための“答え”を手にすることができるでしょう。

 

 

私たちの感情は、喜怒哀楽はもちろんですが、実に様々な色彩を持っています。

 

あらゆる感情の中でも、ツインレイと出会った皆様が最も強烈に体験するのは、“愛おしさ”や“切なさ”、

そして強烈なまでに“会いたい”という欲求です。

 

私たちは自らの中に非常に強いバイブレーションを見つけることで、

意識がその人へと突き動かされていくことを感じるでしょう。

 

 

 

しかし、もし私たちが次元上昇する前の2元性の世界の中で、

相手を好きな気持ちを感じるとき。

実は、同時に全く逆の方向の感情のベクトルが生まれます。

 

もし、好きだと感じるならば、

それと同じくらいの憎しみが生成されます。

 

もし、会えた喜びを感じたならば、

それと同じくらい、会えない苦しみが生成されます。

 

もし、愛された幸福を感じたならば、

それと同じくらい、愛されない怒りが生成されます。

 

 

感情は常に二元化し、同量のバランスを保持しています。

 

私たちの意識では、片方の感情にフォーカスするものの、

実際に巻き起こっている感情は、必ず二元化してしまうのです。

 

激しい求愛を感じたかと思えば、そのあとすぐに拒絶感を感じる、などの現象が起こります。

二元化された感情が、絶えず入れ替わりながら脳を駆け巡るでしょう。

 

 

もう一方の感情のベクトルが、自分にとって見たくない感情であった場合、

意識の深層にひそめてしまうひとが多くいます。

 

憎しみ悲しみ、という感情をなかったことにしてしまうのです。

 

 

二元性という世界は、魂にとって非常に難解な世界です。

自分自身を正確に把握できなくなり、また精神のバランスも著しく悪化することも起こりうる。

それが二元性という世界なのです。

 

ツインレイの魂の方は、ほかのひとに比べ、人生の中で何十倍もダイナミックに感情体験することになります。

 

それは二人が出会い、感情が大きく偏れば偏るほど、もう一方の感情も生成され、

自分の中で折り合いをつけるということが難しくなってしまうからなのです。

 

 

ツインレイの魂の方がもし、二元性の世界のなかで、

内側の分離した状態であるとき、

ツインレイならではの、ある現象が起きます。

 

ここで、ある重要な前提をお伝えしておきます。それは、

ツインレイとは、自分の内側の現実を共に表現していく相手である

ということ。

 

それは言い換えれば、

自分という存在を、自分ともう一人の人間で映像化していくような作業です。

 

 

これはツインレイ以外の関係性の相手とは起こりえません。

昨今自己啓発の分野などで、男性性と女性性が調和の状態であれば男女はうまくいく、というようなセオリーが流行していますが、

それでしたら、ツインレイじゃない相手ともできるのです。(自分が快活に生きていれば恋愛はうまくいきやすい、ということですね)

 

 

ツインレイ独特の関係性をもっと詳しくみてゆきましょう。

 

もし、自分の内側が、二元性を持っているならば、

相手はその瞬間の自分のベクトルと全く反対側のベクトルを表現します。

自分の中にある分離を投影するからです。

 

 

たとえば、自分が相手を欲しているとき、相手は自分から逃げようとするでしょう。

あなたが相手を好きな気持ちを表現すれば、相手は嫌悪感を露わにするかもしれません。

 

 

 

 

ここで注意したいのは、二元化された感情というのは、

その交代が非常に短いスパンで行われているということ。

 

自分のなかでも好きと嫌いが交互に入れ替わっているということは、

相手もまた、好きと嫌いが交互に沸き起こっているのです。

 

自分からみた相手がいつも同じ態度だからといって、相手の状態を固定する必要はありません。

相手の目の前に立った瞬間や、相手とかかわろうとした瞬間の自分の感情と、全く逆のものをリアルタイムに相手が演じているだけなのです。

二元性を生きているツインレイたちの感情は非常に複雑ですが、

現実としては、追い追われる、という単純な構造に集約してしまうことがほとんどでしょう。

 

 

 

 

ある意味で、ツインレイである証拠のような現象です。

二人でひとりの人間を表現しているようなものですね。

 

 

しかし、ここで希望を失ってはいけません。

ここからが、ツインレイにとって非常に大事なポイントとなります。

 

 

ここまでの話はあくまで、二元性のなかでの話です。

ツインレイの魂の皆様には、非常に大事な意識の改革のポイントがあります。

 

それは、二元性を超える、ということ。

 

 

激しい求愛も、愛されない悲しみも、

その偏りをできるだけなくし、

自らの真ん中にストンと落ちた時、

そこに統合された領域を発見します。

 

好きでもない、嫌いでもない、

しかし、それよりまして、なにか深く大きなものをつかんでいる。

 

 

安定した、自分自身の内面世界を獲得するのです。

 

 

これが、ツインレイにとっての真実の愛です。

 

 

 

 

 

内なる二元性を乗り越えたとき、

ツインレイの体験する現実世界は、全くと言っていいほど変わるでしょう。

 

好きだ、嫌いだ、という粗い感情ではなく、

もっと穏やかで、繊細で、強く、ゆるぎない、

永遠の愛に、すべての感情が集結するのです。

 

もう、二元性を互いが分割して表現する必要もなくなり、

まさに、“二人は分け御霊である”というような

こころのピッタリあった現実世界が完成するのです。

 

 

 

この世界の闇のシステムは、絶えず私たちを感情の極へと向かわせます。

強い恋愛感情を抱かせたり、激しい拒絶を体験させることで、

二元性の世界を維持させようとするのが、闇の目的だからです。

 

ツインレイはアセンションを先導する魂の方々であるために、

その闇を強烈に体験する方がほとんどです。

 

それは、魂が乗り越えられると信じてこの星に降り立ったからです。

力強い光の意思が、その体験を望んだのです。

 

もし今、自分が不毛な現実を生きているならば、

まずは相手に対して向かっているあらゆる感情を精査してください。

 

そこには、愛や切なさだけではなく、

 

憎しみ、恐れ、怒りなど、

自分が抱いているとは思いたくないようなものも含まれているかもしれません。

 

しかし、その作業に恐れを持たず、

愛や光だけを美化せずに、自らを俯瞰し受け入れる立場をとったとき、

その方にはすでに意識の上昇と現実の変化が起こり始めています。

 

気高き魂のツインレイの方々に

より早く、統合された意識へと到達していただきたいと願っております。

 

 

 

Rayfemme

2018-5-10

 

 


 

 

 

肉体の浄化を急速に行うことで、

最速で意識の統合へと向かいます

misogi ~ clearing body

詳細はこちら

 

 

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです