不真実の異性関係で受け取った闇エネルギーが女性を蝕む

 

女性の身体が、さまざまなエネルギーを溜め込みやすいことについて、レイファムではお伝えしてきました。

この、様々なエネルギーというものを観察してゆくうちに

ある事実に行き着くことになりました。

今回はそのことについてお話しします。

………….

ツインレイの出会いというのは、この地球では想定されていないようなものです。

つまり、ツインレイの関係性から遠く離れたものがこの地球においては一般的であり、それが常識となっているということです。

 

その最たるものが、ツインレイの相手以外の相手との交際です。

 

高き宇宙においての常識では、魂の同一化が約束されたパートナーとのかかわりのみが、起こるべきこととされています。

双方の同意や、好意がそこにあっても、性的な関係を生み出すことは絶対にないのです。

ですが、それが起きるのが、この地球のスタンダードです。

ここは波動の低い世界ですから、そこにたいして、善悪で判断する必要はないのですが、

このような関係の中でスピリチュアル的に起こりうる問題については、今、アセンションに向かう人々が理解しなければならない点です。

 

 

通常、人間同士のエネルギーのやりとりというのは、ハートのチャクラを通じて行われます。

ハートは全宇宙に通じるポータルであり、すべての人との関わりを生み出すチャクラです。

ハートで受けたエネルギーのうちで、その人にとって強いインパクトを持つものは、深く潜在意識に落ちてゆくことになります。深い愛の体験や、心が裂けるような悲しみの体験。そうしたハートで感じたものが、少しずつその人の意識に影響を与えるのです。

しかし、男女の関係においては、

性において、肉体的な接触がおきます。また、個々が持つ性のエネルギーが、ハートの動きに触発されて、異性に強く向かうことになります。

そうすると、男女は上位チャクラのやり取りで安定された中で関わるのではなく、下位チャクラを通じて、

互いの内面にある様々なものを、相手に強く向かわせることになるのです。

通常、潜在意識が変化してゆくのは非常にゆっくりとしたペースなのですが、

異性との関わりが起こることで、凄まじい勢いで、自分の内面に変化が起きてきます。

 

 

ハート間のやりとりでは、男女の双方が互いに影響を与え合うものですが、

性の機能上、女性は特に、異性から受け取ったエネルギーを、下位チャクラに溜め込みやすいです。

男性が持っていた様々な意識やエネルギーを、子宮で記憶してしまっているような状態です。

すると、その女性は

相手の闇をそっくりコピーしたような状態になったり、またその相手から受け取ったものを、別の男性に投影して見るようになります。

過去に合意のない性交渉や、こうした事実に無自覚な状態で関係を結んだ方は、そのときの関係で自分がひどく汚されたような気持になってしまうかと思いますが、男性もまた、誰かから闇を受け取っており、その闇の根源は闇なのです。誰のせいにする問題でもありません。

 

 

この3次元世界での体験が、個々の意識の投影であることは皆さまご存知のことだと思いますが、その投影の大元が、他者の意識、または地球の闇であることに気づいている人は少ないと思います。

女性たちが男性の闇を受け取っても、自身のハートを通じて受け取ったものではないので、自覚が難しく、その闇の解放が遅れているのも大きな問題です。

 

今回の遠隔エネルギーワーク、「ツインレイの性の浄化」では、女性の子宮を浄化することによって、過去の関係を完全に解消し、その人本来の意識に戻してゆきます。

これが、宇宙の真実の愛を受け止めるための大きな準備段階になることは明白です。

ぜひ参加をご検討ください。

 

 

Rayfemme

2020-02-21


参加申し込みはこちら

(募集締め切り2020/2/28)

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです