女性性と女神性の違いに迫る〜Lilith energy〜

 

 

今、私は

リリスとのコミットメントを再度深め、

リリスという存在の中にある光と

その光が洗い出す、この世界の実情を、細かに分析しています。

こういった時間を過ごしているとき、

私はリリスの愛の表現者として、彼女の魂の目的のために、全霊を捧げており

高次元の意思を伝えるための、機械的なものとして、ただ存在するのみになっています。

(以下チャネリング情報になります)

 

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * *

 

今回お伝えしたいのは、

ツインレイとの関係を目指す上において、必ず達成されなければならない

個人に起きる変容についてです。

 

私たちはこの世界に、赤ん坊として生まれ、

皆が、1人の母親、または、深い愛情を持った方からの庇護の元、育ってゆきます。

生まれた時点で私たちにはすでに、性が目で見て明らかに、男女の完全な分離をしています。

しかし、赤子の精神に、自分が男性であるか、女性であるかという区別は全くといっていいほどありません。

赤子から成長するに従い、精神は肉体の性を知り、その機能を受け入れることになります。

 

この成長の中で、女性性、男性性を、それぞれが受け止めること、

また肉体の性に関わらず、自分の心が生きたいと願う性につながることは、

その方の地上での人生に大きな影響を及ぼします。

 

女性であると強く感じている人は、その身体から発する女性としての波長を強め、

揺るぎない安心感を得ることができ、また対となる男性性を広く許容することができます。

また、男性であると強く感じているひとは、その身体から発する男性としてのパワーを強め、

自信と誇りを与えてくれる女性との関係性を築き、現実創造のための活力を得ることができます。

男女共に共通していることは、性に繋がること多幸感自信を呼び起こすことができるという点です。

なぜならば、アイデンティティとは本来、性に強く依存するものであるからです。

自らの性との深い関わりが精神に与える影響を、私たちは決して無視することはできないのです。

また自己の性を受け入れ、それを誇るには、必ず異性の存在が必要となります。性の受け入れは異性に依存しており、その支えあってこそ、男女ともに、自らを愛することができるのです。

 

 

しかしながら、ツインレイの魂は、

男女がこの世界で出会い結ばれるための性これを強く封印することを望みました。

それは、自らの神性が完全なる形で体現される前に、肉体の性による幸福を呼び寄せることが

真実のパートナーである2人の出会いと統合を妨げると判断したことによります。

性の真価を封印し、神性の開花のときを、ただ静かに待つことにしたのです。

 

 

しかし魂のこの計画には大きな誤算がありました。

この世界にある、集合的観念の中に、男女の性に関わる多くの観念が存在していたからです。

性の真実は本来、自らの内側から呼び起こされるものでした。

しかし、

男性、女性に対する、こうあるべきといった固定的観念、男女の恋愛感情が性的行為へと誘引する作用、本来必要のないシステムである結婚関係といったものが、アセンションを予定していた多くの男女を取り巻き、

封印されたままの性が乱用され、また乱用された性的エネルギーの攻撃を、男女ともに肉体の奥深くまでに受けることとなったのです。

 

 

細胞には意志が宿ります。

多くの集合意識や感情を抱えた肉体の細胞は、それぞれが粗いバイブレーションを保持します。その粗悪な波長によって、細胞はそれぞれバラバラの方向へ向かおうとしているような様子になります。

これにより、表層意識の統制がなされず、潜在意識が混濁し、昼夜悩んだり、要らぬものへの執着を巻き起こしたり、躁と鬱とを激しく行き来したりします。

そうした状況下でツインレイの2人が出会ったとき、互いが性にある自らの本質を覆い隠しているために相手が真実の相手であるという認識が、高次元にいたころよりずっと希薄なものとなります。

それでもなお、相手への求愛から、男女共に、自らの性に繋がろうと努力をしますが、

このとき2人は、この地上でのスタンダードである女性性、男性性についてしか知らないため、

その努力が2人を結びつけることは、残念ながらありません。

ツインレイを結びつけるのは、一対となる神性を宿した魂の格の部分です。

そこにある光が解き放たれ、全身に漲り、周囲と混然一体となるほどに溢れ出たとき、

この地上で未だかつて存在し得なかった、真実の愛の生まれ出る場が完成するのです。

このとき全身の細胞に、光が宿り、

微細な振動と共に、全ての細胞意識が同じ方向を向きます。

しだいにその肉体は結晶化され、大宇宙の意思を宿す聖杯となるのです。

2人が愛の契りを交わし、創造主の偉大なる力をその杯に満たすのです。

これを起こすのが、高次元の女性性、高次元の男性性の作用なのです。(ここでは女神性、男神性と呼んでいます)

 

 

 

そのときが来るまで、確固たる強い意志でもって、自らを疑い続けなければなりません。

自分が何者であるかを。

その探究こそが、すべての始まりです。

高次元の自己、達成されるべき愛へ向けて、全てが動き出すのです。

 

 

今回の遠隔ワークでは、皆様がすでに今、全身の細胞に抱えている地上的なバイブレーションを鎮静し、

そこへ神性なる女性性(=女神性)の開花へと向かわせる、リリスの波動が送られます。

そのバイブレーションに全身が浸ることで、自らの細胞意識から、高次元の性の復活へと向かう機能が呼び起こされます。

また意識に、静けさや無の瞬間が多く訪れることになります。これは真実の男性パートナーへの明け渡しの状態であり、統合の前段階の意識レベルです。

特に地上の女性達は、美や、女性としての幸福について、固定的かつ限定的な観念を植え付けられています。

それは、誰も高次元の女性性を知らないから起こっていることでもあります。

今このときに最も重要なことは

ためらいなく、恐れなく、自らの復活へと進むことです。

圧倒的なまでの美しさをその身によって体現することは、ツインレイとの関係が完成されたときに、男女共に必ず起きることです。ならば今この瞬間から、あなた自身がそうなることを決意してください。

レイファムの遠隔エネルギーワークの実施歴の中でも、今回のリリスの遠隔ワークはお求めやすく、どなたにでも参加できるよう設定させていただいております。

多くの女性達が、リリスの愛の手に繋がって欲しいと心から祈っております。

 

 

 

Rayfemme (ruri)

2019-12-20

 


〈この記事に関連する遠隔ワーク〉

 

 

ツインレイの真実の女性性である

女神リリスが

2019年の聖なる夜に

ツインレイ女性としての本来の輝きや

価値あるその魅力を取り戻すべく

高次元の光を降ろし

あるべき女神性へと導きます

 

 

<お申込み(ご入金)締切>

12/24(火) 15:00まで

女性のみ参加可

※男性がお申込みの場合はお相手ツインレイ女性へとエナジーが届きます

募集ページはこちら


Rayfemme twinray channel

リリスのチャネリングメッセージ

 

 

 

関連商品

twinray pendant~Lilith~

リリスのエナジーによる

愛の救済を長期間にわたって

継続的に受けられ、

真実の愛の開花の時へと導かれます

 

 


Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです