ツインレイのアセンションを阻む、家系のカルマ。その実態について

 

 

 

私たちは、この世界に肉体を持って生まれるとき、

必ず肉親を必要とします

 

 

また、生まれるタイミングや場所、

その家庭環境を選ぶことによって、

 

あらゆる可能性の中から

今世の自分のパーソナリティ(人格)を選ぶことになります。

 

このとき、親兄弟との血縁はもちろんのこと、家系という集合体に所属することで、他者の魂と密接なコミットメントを持つことになります。

 

血縁はなくとも、家に属するだけでその繋がりは生まれます。

結婚して家庭を持てば、

新たにその家系という関係性が繋がれてゆきます。

 

 

ここまでは、皆さんがよく知るところかと思います。

 

 

この、家系というこの地上独自のシステム。

 

 

スピリチュアル的に観察すると、

そこには私達が想像しているよりはるかに深い、

 

霊的な関係性があるのです。

 

 

家系という組織に属するとき、霊魂で見れば全く無縁の魂同士が、潜在意識下において、強い繋がりをもちます。

 

それにより、

家族、家系という組織に属する者同士で、

 

潜在意識の一部に共有が生まれます。

 

このつながりの目的は、自分から見てその他大勢の霊魂のうち、血縁や婚約で結ばれたもの同士で強い協力関係を結ぶこと。

 

さらにその奥を見ると、

肉体に付属する生存本能が根底にあり、

 

これが家系という組織の由来です。

 

 

その組織に属することで、自分のみならず、

家族の安全を守ることや、

その一員としての役割を果たしてゆくことになります。

 

 

 

この、家系という組織。

 

気をつけねばならない大切なことがあります。

 

ここには、アセンションにとって障害となる要素が含まれているのです。

 

 

 

他者との霊的繋がりを持つということは、

他者の意識を背負い込む、ということになります。

 

それによって、個人の人生における意思の自己決定権が困難になるということが起きるのです。

その家の存続や、家族に対する責任を持つからです。

 

男性は特に、家庭や、

家系そのものに対して、

大きな責任感を持つ傾向にあります。

 

 

また、家系によっては、

生きている人だけではなく、

先祖からの残留思念が強く残るところもございます。

 

子孫の繁栄、維持存続を望む霊魂や、その方が生きているときにコミットした神霊との関係性があれば、

それもその家系で現在生きている家族たちに引き継がれてゆきます。

 

 

 

これをレイファムでは

家系のカルマと呼んでいます。

 

ツインレイという魂は、自身のアセンションに加え、地球そのものの次元上昇、波動の上昇をサポートするべく、この地上での転生を望んでいることが多いのが特徴。

 

そのため、家系という組織に属したとき、その広い魂の器にこれでもかというほどに家系全体のカルマを背負い込みます。

 

他者との意識の共有は、高次元的に見れば、なされないほうが良いことです。

全ての魂は独立して存在すべき

という宇宙の真実があるからです。

 

しかしあえてその繋がりを持つことで

その家系そのものの救済に挑んだのが、

この地上に降りた光の魂達です。

 

ツインレイ男性はその家系に責任を負うことで、

霊的なエネルギーの浄化を課題にします。

 

またツインレイ女性は上記の貢献の他、

その家系にさらなる光の魂の子どもを産むことで、

その家系に貢献することもあります。

 

 

しかし、人によっては、

その家系の残留思念、

その浄化という課題(カルマ)に、

大きく時間を取られています。

 

ツインレイに出会う前後では、その二人の出会いが宇宙の真実であるために、不真実である家系という集合体の中のエネルギーが大きく揺り動かされ、不要なものが削ぎ落とされる傾向にあります。

 

しかし、出会いの後に訪れる長いサイレント期間の中で、多くのツインレイは家系のカルマの清算に取り掛かることになるのです。(これは男性の方が特に深刻な課題を抱えることが多いです。)

 

 

場合によっては、ツインレイとの出会いによって、その家系にあったカルマが堰を切ったようにツインレイの魂の方に押し寄せ、ツインレイの魂が独立することを阻もうとします。

 

生きてる方の思念はもちろんのこと、亡くなった先祖の残留思念を軽く見ぬようにしてください。供養をしたかどうかに関わらず、その思念に逆らうときには妨害を受けます。

 

見方を変えれば、このような闇の思念を家系内から浄化することが、家系のカルマの清算です。

 

 

 

 

 

今回の遠隔ワークでは、

この家系のカルマの浄化を急速に終了へと向かわせるために、エネルギーによる救済が、ルシエルによって集中的に行われます。

 

三日間、各日40分、

合計して2時間という長時間のエナジー的施術によって、

お申込み頂いた方と、その方の地上のツインレイのお相手がエーテル体内に背負いこんだ家系のカルマを完全浄化し、

 

 

それぞれの魂が高次元的真実を実現させるため、

ツインレイのお二人をその家系にある霊的な関係性から完全に離脱させ、保護します。

 

 

エナジーの投下により、背負うべきではないものを背負うのをやめ、完全に自立した状態になることを覚悟の上、お申込みくださいますようお願いします。(あくまで霊的な関係性であり、現実的な離縁などは関係ありません。)

 

ツインレイと出会っていない方、またツインレイの出会いに一切の興味のない方でも、ご自身の成長と解放を望まれるのであればご参加いただくことができます。(お相手が地上にいた場合には自動送信されることをご承知ください。)

 

なお、時間や当エナジーワークの受け方について、よくご確認の上ご参加くださいますようお願いいたします。

 


下記の遠隔ワークは終了しました。

次回は2018年9月中旬に、下記遠隔ワークと同内容で遠隔ワークを実施いたします。

 

Rayfemme
ASCENTION energy work

 

アセンションのための

家系カルマ浄化

一斉エネルギーワーク

Leciel

 

【実施日時】

6/29 25:00(6/30午前1時)
6/30 25:00(7/1午前1時)
7/1  25:00(7/2午前1時)

 

お申込みページに移動

 

 

 

 

 


関連記事

女性たちの知らない、家系から男性に繋がれた、強固な鎖とは

“家系”が与える、ツインレイ達への試練

既婚者でツインレイに出会ってしまった人が、本当に向き合うべき課題とは

 

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです