既婚者でツインレイに出会ってしまった人が、本当に向き合うべき課題とは

 

 

ツインレイに出会い、その後の悩みや葛藤で一番多いケースとしては、相手、または自分が既婚者であるパターンです。

どちらか(または一方)が既婚なのであれば、お互いを男女として強く求める気持ちがあっても、当然、近づくことのできないものです。

それは、たとえツインレイというスピリチュアルな関係性を理解していても、超えることのできない一線です。

 

 

 

 

真実のツインレイであれば、それ以外の異性との深いつながりはすべて、心身の浄化と共に清算すべき課題となります。

しかし、既婚者のツインレイは、〈二人ともが独身になりその後に結ばれる〉、という単純な話かというと、そうではありません。

たとえ既婚者であろうとも、必要なのは、肉体と精神面における浄化、そして自立や手放しです。

独身者であろうと、既婚者であろうと、内側を完全に整えなければ、決して結ばれることはありません。

 

 

 

 

ただし、既婚者の場合は、現実にとてもわかりやすい形で、障害が現れていることは確かです。

5次元ツインレイにとって自立は必須であり、今の配偶者に少しでも、精神的に依存している側面があるならば、そこは徹底的に浄化しなければならず、

そこは、世間で容認されている“扶養”という形であったとしても、ハイヤーセルフが観察したときに、真実のツインレイとの関係を阻害する感情的繋がりと見なされれば、そこを浄化しなければツインレイとの関係が前進しないような操作がハイヤーセルフによって行われます。

また、ただ離縁すればいいというわけではなく、自分の中で依存を生み出したその原因である闇の因子を浄化することに努めなれば現実的に離縁したとしても、ツインレイとの関係に発展がないということも起こる可能性があります。

 

ツインレイ以外の男女関係を現実的に手放すことは一つの前進ではありますが、

独身者であろうと、既婚者であろうと、まずは自分の内側を完全にクリアすることが求められるわけで、ツインレイが引き離されている原因を、既婚という現実的な障害に限定してはならないのです。

 

 

もし、相手が既婚者ということで悩まれているのであれば、自らと相手の肉体に完全なる浄化が起これば、二人の関係性は必ず前進します。

自分が既婚でツインレイに出会ってしまったことに戸惑われているならば、まずは浄化をしながら、不真実の相手と自分が結びついた原因である闇を、自らの内側に発見してゆく必要性があります。

既婚という現実的な障害は、ツインレイという関係における重大な問題に思えても、本当に戦うべきはそれではありません。それを引き起こした闇の因子を、エネルギー的にきちんと処理することが大切なのです。

 

ツインレイの双方が浄化されることで、現実的な問題の数々が、復活した魂とハイヤーセルフの力によって、然るべきときに収束してゆくことを覚えておいてください。

以上の点をご理解の上、既婚で悩まれるツインレイの皆様にも、確実な前進を成し遂げていただきたいと願っております。

 

2018-09-15

Rayfemme

 


〈この記事に関連する遠隔ワーク〉

家系のカルマ浄化の遠隔ワークでは、家族という関係性の中に発生している闇を完全に浄化します。家系という共同体から魂が完全自立することとなり、個々の魂が本来あるべきところにゆくためには非常に重要なプロセスです。

 

Rayfemme
ASCENTION energy work

 

アセンションのための

家系のカルマ浄化
一斉遠隔エネルギーワーク

Le ciel

9/21~23 ・3days

ツインレイお二人分の家系を3日間に渡って浄化します

9/21(金)15:00まで《受付中》

(画像クリックで募集ページへ)

 

家系のカルマの実態とは

 

 


 

関連記事

“家系”が与える、ツインレイ達への試練

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです