宇宙が私たちに”浄化”を望む、本当の理由

 

先週末には家系のカルマの第5回を開催いたしました。多くの人に参加していただくことで、宇宙と3次元世界との間に太いコネクションができ、新たな情報が降り始めています。

こうした、遠隔ワークを通じて高次元のマスター存在たちの行うワークは、私たちの想像をはるかに凌駕するすさまじいもので、宇宙の叡智の結集された、複雑で、そして完璧な処置です。

 

このような複雑なワークを行うことは、とても望ましいことなのですが、

レイファムでは常に、浄化のためのエナジーアイテムを販売しており、その重要性をご理解いただくことの方がとても大切であると感じています。

浄化のプロセスは、とても地道な作業です。

何かを排除していくところには、興奮も感動も見いだせないかもしれません。

しかしなぜ、浄化が必要だと、宇宙のマスター存在たちは言うのか、。

その真意について述べてみたいと思います。

 

浄化、という言葉の対になる言葉を挙げるとすれば、それは当然のこと、未浄となるでしょう。

未浄と言ってしまうと、汚れている、きれいではない、というイメージになってしまいます。

しかし、ツインレイとの関係を求める方、またアセンションに向かいたいと望む方に浄化を薦めるのは、私たち人類が未浄だから、と言ってしまうと、どこか違和感があるのです。

私たちは、そんなに汚れた存在だと、自らを貶めなくてはならないのだろうか?と感じてしまいます。

 

 

ネガティブな体験を重ねる中で、心に様々な雑念が沸き立ち、心穏やかに過ごせないときがあるのは当然のことであり、とりわけツインレイとの出会いを予定してきた魂の方はそうなってしまうものです。

ただそれは、その方の心が汚れきっているからそうなのではないのです。

 

宇宙からは常に、無限の愛と豊かさが、私たち一人一人の魂へと降り注いでいます。

その愛は、私たちのよく知るところの愛であり、

そして、想像をはるかに超える愛でもあります。

 

 

しかし、私たち地球人類は、それらを受け取っていません。

降り注がれた愛はほとんど受け取られることがないまま、再び天へと戻っていってしまうのです。

 

なぜか?というと、それは、新たに来る愛を受け取ろうとしても、それをできないくらいに、私たちの器にすでに、様々なものが存在しているからなのです。

いっぱいになった器には、新たな愛が入り込むすきがなく、愛の数々は仕方なく姿を消すのです。

いつ受け取ってもらえるのかもわからず、愛たちは何度も何度も、一人一人の元にやってきているのです。

ですから、

愛が受け取れない要因となるものを、外してやればいい。

新たな愛が吹き込むように、そっとどかしてあげればいい。

そんな思いが宇宙にはあるのです。

 

 

愛が入ってこれないように、私たちの身と心を占拠しているのは、ここでは闇と呼んでいる、重いバイブレーションのことです。

重いために、そのバイブレーションは人との間を行き交い幸福にすることはありません。

私たち人類を、個というエゴの中に押しとどめ、他者と愛を交わすことを阻害し、魂の上昇を阻んでしまいます。

 

 

もし、私たち一人一人が、愛にふさわしくない存在だとすれば、浄化する必要もないのです。

しかし、そうではありません。

私たちは常に愛されており、常に向かってくる愛があるのです。

 

そうした愛の存在に、気づく勇気を持つこと。

自分は本当は受け取っていい存在なのだと思い出すこと。

そうしたことが、浄化というツールを用いる前にまず、気づいていただきたいところなのです。

 

 

汚れているから浄化するのではありません。

愛されていないから浄化するのではありません。

愛されているから浄化するのです。

 

 

宇宙には無限の愛がありますから、損得勘定で考えるのはおかしなことではありますが、これほどまでに宇宙が積極性をもって、愛を伝えようとしている今、

浄化しないという選択は、とてももったいないことです。

 

宇宙の愛は、ツインレイという男女の間で、お互いの姿をとって現れ出るもの。

闇から抜けたとき、そこに美しい2つの魂が並んでいるのですから。

 

あなたが、どうして愛にふさわしいのか?

その理由を見つけ出すための旅に、進んでゆかれることを願っております。

 

Rayfemme

2019-1-19


 - この記事に関連する商品 -

misogi ~clearing body

ルシエルからの

地上最高レベルの浄化エナジーによって

最速のアセンションを叶えます

商品詳細ページはこちら

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです