相手がツインレイかどうかが断定できないとき

※この記事は、前ブログに掲載していた記事(3/31の遠隔ワーク前)を加筆修正して掲載しております

 


 

遠隔ワークの申し込みと同時に、たくさんのメッセージを頂戴しました。

 

 

 

メッセージの中でよく拝見いたしますのは、

ツインレイという関係性を最近知り、

「ひょっとしてあの人はツインレイだったのではないか?」という、

まだ確定には至らないながら、

ヒーリングをお受けになることを決めた、

という段階の方です。

 

 

自分のお相手がツインレイなのかわからない、という感覚、

現実的に愛情を伝え合えていないのにそれを決めてはいけないのではないか、という不安感、

そういった期間は大変に心がざわつくものですが、

 

 

それはいたって当然の感覚であり、

実はとても素晴らしいものです。

 

 

 

 

相手がツインレイかわからない、

と思っていようといなかろうと、

ツインレイというのは

高次元上に確実に存在しているものであり、

間違えたからといって大きな問題は起きません。

 

(※レイファムで提供しているすべての高次元エネルギーは高次元上で明確となっている真実のパートナーに届けられています)

 

安易に断定して、

その相手に執着し、

人生を浪費してしまうということは起こりうるのですが、

そういう方はツインレイの断定にあまり時間をかけない傾向もあります。

 

少なくとも数年は、

相手をツインレイだと確信せずに、

自分の胸の中にある愛を確かに認識し、

その愛が自分にどんな作用を起こしていくかを観察することが

一番よいのではないかと思います。

 

 

その期間で内側にある愛が、

恋愛感情であるのか、

それとも異次元的な関係を生み出す愛であるのかが、

おのずと明確になってくるものです。

 

 

 

 

相手をツインレイである、

と確定したときに歓喜や興奮があるうちは、

まだ相手の本質も見えておらず、

ツインレイを本当の意味で理解していない状態です。

 

 

と言いますのも、

魂にとって、

ツインレイがツインレイであるということは

息を吐くことのように当然の感覚。

 

 

そのため、

自らの意識との統合を果たせば、

ツインレイであるということに、

静かな確信を得ることができるのです。

 

 

このようなお話をすると

「私はまだツインレイの相手に確信が持てない…」と落ち込んでしまったり、

エネルギーワークを用いてツインレイに取り組むことに罪悪感を感じてしまう方もいらっしゃるかと思います。

 

しかし、レイファムのツインレイワークは

浄化を大きな柱としております。

 

 

浄化とは、魂の導きを明らかにするためのスピリチュアルワークです。

 

浄化が果たされなければ、

ツインレイをツインレイと断定することはできないのです。

 

断定できるようになってからツインレイワークをやろう、という意識は必要ありません。

 

 

ツインレイかどうかも確定できないままであっても、

相手に自分がどれほど成長した姿で向かえるか、ということに希望を見いだせるということは、

 

相手が自分を成長させてくれる人であるということの証拠であり、

それは魂にとってとても縁が深い方であり、

その愛を全うすることに大きな意味があるのです。

 

 

 

 

大事なのは

ツインレイという概念ではなく、

愛してしまう人を

愛し抜くということ。

 

 

その中で、自分を高め、清めていくということなのです。

 

それが出来ていれば、

愛するその人がツインかどうかがわからないままに生きていても

 

必ず光の世界へと導かれ、

そこにツインレイが待っています。

 

また、高次元によって未来が開かれるときは、この世のあらゆる制約も飛び越えてしまいます。

 

 

 

 

 

 

ツインレイは、魂の結婚、分け御霊、

対の相手、というイメージばかりが取りざたされており、

 

相手がツインレイだと思うことで孤独感から逃れようとしてしまう方が大変に多いものです。

 

 

ツインレイである、と確定することに執着するならば、

 

ツインレイかわからないままに自分の成長に集中するほうが、とても実のある生き方なのは、皆さまによくお分かりいただけるかと思います。

 

 

今一度、ご自身の愛に問い合わせてみてください。

 

あなたの愛は、その人をツインレイだと思いたいと言っているのでしょうか?

 

 

それよりも、

 

ただ純粋に、

愛し抜きたい

と願っているのではないでしょうか?

 

 

 

それが今のあなたにとっての真実であり、

 

 

それ以上に素晴らしいものは、

その先の未来にさえ存在しないのです。

 

 

 

それほどにツインレイというのは、

 

概念ではなく、

 

実質的に素晴らしいものなのですね。

 

 

 

ruri

2018-3-30


 

Twinray pendant -Lilith-

どんな不安も乗り越えて、

愛へと突き進む女性を

リリスがサポートします

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです