この地上の男女を超えた、ツインレイのもつ“真実の男女観”とは 1

 

5月末に行いました遠隔ワーク、soul voltex遠隔エネルギーワークの第二回開催時の遠隔レポートに記載しましたとおり、今回の記事では、低次4次元世界との切り離しが完了したときにこそ知っていただきたい、高次元に向かうための指南を、ツインレイの皆様へお話ししたいと思います。

* * * * *

次元上昇には意識の転換、そしてより広くを見通す力が必要となることは、皆様ご存知のことかと思います。

そのためには、ツインレイと思われるその人に強く惹かれながらも、その人以外のものとの関係性を注意深く観察することも必要になります。

お金や、低次4次元世界、またツインレイ以外の異性との関係性、家系のなかの人間関係など、一見ツインレイとは関係のないところに見つめなければならない多くの闇があることを、他の記事でお伝えしてきました。

どうしてもツインレイの相手のことばかりが気になってしまうものですから、ここは自分軸というものが試される段階ですね。

 

ですが、ツインレイと思われるその人との関係をしっかりと見つめること。それもまた、私たちに大きな気づきをもたらしてくれます。

特に、ツインレイ以外の対象との間にある問題が片付いてきたときこそが、きっちりと向き合うべきタイミングです。

それは心の中において行われることであり、実体として向き合うことよりもずっと意味の深いものです。

 

 

私たちがツインレイと向き合うとき、それは多くの場合、3次元世界の相手を見ています。

ツインレイは本来高次元の相手ではありますが、

3次元世界で出会ったその相手のことを考えること間違っているかといえば、そうではありません。

肉体をもって出会ったのには、きちんと意味があり、その意味の中に、ツインレイであっても一人間として率直に向き合うということが含まれている可能性があるからです。

そしてそこに、とても大きな欲望や、執着を発見することもあるでしょう。

 

それらを超えてでも、私たちが本当に、自らが光に目覚めたいと願ったとすれば、ツインレイだと感じるそのお相手が、意識上において非常に重要な役割を果たします。

ツインレイという存在は様々な瞬間で、あらゆる意識の上昇を引き起こしてくれる存在です。

ツインレイが顕わにしてくれることとして、すべてのツインレイにとって共通する、特徴的なものがあります。

大きな欲望やネガティブな感情の奥にあるものを冷静に見据えたとき、

自分が持っている男女観というものが明確に表出するのです。

 

…あなたは女性という存在をどのようにとらえていますか?

…あなたは男性という存在をどのように見ていますか?

そんな問いかけに対する答えが、自分の中に現れ出てくることでしょう。

 

*   *   *   *   *

 

男女観というものについて、もう少し詳しくお話しします。

私たち人類は、男性と女性という二つの性別に分類される肉体をもって生きています。

私たちはこの世界の多くの人々を、男性、女性という大きな違いで分類し、そしてその特徴や、それらの存在意義について考えます。

男性とはこういうもの。女性とはこうあるべき。

そういった考えのすべてが、自分の性の認識と、異性観に結びついているのです。

 

例えば、男性は与える生き物であり、外で働くことを好む。野心があり、競争を好む。

女性は受け取る生き物であり、愛されることに喜びを感じる。外見にこだわり、またそれを楽しむものだ。

そんな内容を読んだことのある方や、実際にそうであると思う方はとても多いかもしれません。

男女観というのはこの地上で、とても大きな集合意識となっており、皆が無意識的に共感、共有する情報になっています。

つまり皆が、男女というものをだいたい同じように捉えているのです。

 

 

私たちは自身に対して、「僕は何十億人いる男性の内の一人だ」、「私は何十億人いる女性の内の一人だ」、というような性の認識を、肉体の性が目覚めてくる過程で持ち始めます。

小さな子どもは、性別と自分という存在との関連をあまり意識しませんが、体の成長によって肉体において性的特徴が顕著になる中で、自分と性との関係性を重視するようになるのです。

その中でさらに、自分の両親や一般社会の男女などをモデルにして、男女の間に起こりうる安心感や幸福感を学んでゆきますから、誰しもが、「(自身の)この性別としての歓びを獲得しなければならない」、という意識をもちます。

ですから、男女観というのは個人個人にとって、非常に影響力のある情報なのです。

 

 

ここで一つ大きな問題が起こります。

 

もし、それらの集合意識を知っている、または本当にそうだと思っていながら、

自分がそれには見合わない存在になってしまったら。

 

例をあげるとすれば、

 世間でカッコいいと言われるような男性になれていない自分(男性)

 男性に愛されるような美しさを備えていない自分(女性)

になってしまったら、私たちはひどく傷つき、不安と悲しみの底に行きついてしまいます。

 

そして男女ともに陥りやすいのは、

…今、男性として称賛されていない自分は、男として生きていていいのだろうか?

…今、女性として愛されている現実を生きていない自分は、女として生きていると言えるのだろうか?

というような、悲しい疑問に行きついてしまうことです。

こうなったとき、

男はこうあるべき、女性はこうあらねば、という集合意識に合わせて、自分を変えることに熱心になる人もいれば、心の中で挫折してしまうひともいます。

なんとなく性を拒絶したくなったり、男性性、女性性という言葉を見るだけで嫌な気分になってしまう方もいるかもしれません。

また、心理学やスピリチュアルな情報に触れた人が、男性であれば男性性を、女性であれば女性性というものを養いたくなるのも、この地上の男女観の集合意識が引き起こすものです。

つまり、この世界で良いとされている男性、良いとされている女性に、皆がなりたいのです。

そしてそこでの挫折や失敗は、性別と自己認識との結びつきが深ければ深いほど、男女関係における失敗が、自分自身という個の存在を強烈に批判することに繋がってしまうのです。

 

 

ツインレイは、この地上で男女観が交錯し、混とんとした中で出会います。

出会ってすぐは、異次元的なつながりや深い愛を認識することが続き、双方がとても幸福な感情になります。

しかしそのうち、現実が思わしくない状況になってくると、

私たちは、地上の男女観に自分を照らし合わせ

自分はこれでいいのか?、男なのに、女なのに…、と迷い、苦しむのです。

 

この地上の男女観の内には、恋愛感情によってすぐに結ばれることのないツインレイの二人を、ネガティブな感情に陥れてしまうものもあります。

代表的なものとしては、

 “男性は女性を愛したら絶対にその女性を追いかけ、手に入れるまでどんな努力も惜しまないものである。”

 “女性が自分から男性に愛を伝えるのは、男性の狩猟本能を刺激できないため愛されることはない。”

というものでしょう。

それまで頭の片隅にあった様々な男女観が、ツインレイとの関係に悩む中で想起されることで、自分の本当の気持ちを見失い、またひどい自己嫌悪に陥ることも少なくありません。

ツインソウル、ツインレイという言葉が流行したのも、好きになった人と恋愛関係に至れなかった原因を、この地上の男女観と違った分野で探したくなった人が多くいたために起こったことでした。

ツインレイとの関係に悩んでいるひとは、多く場合、相手との関係に悩んでいるようで、その実、すでに頭の中にある様々な地上の男女観との葛藤に苦しんでいるのです。

 

 

ここまでの話を読み、自分がなぜ相手との関係に悩んでいたのか、というその原因を理解してくださった方も多くいらっしゃることでしょう。

そして気になるのはやはり、この地上の男女観の集合意識がどこまで正しいのか、ツインレイにとっても当てはまる内容なのか、ということなのではないでしょうか。

 

集合意識として残るだけのことはあり、この地上で男女に対して言われる様々な意見は、正しい側面もあります。

しかしそれは、(異性の)相手の中に強い執着があるか?というものを証明するための定義や、相手に強く執着させるにはどうなるべきか?という方法論でしかありません。

この地上の男女観は、

相手の中に真実の愛があるのか?を証明するものではないのです。

そしてまた、どうしたら真実の愛にたどり着けるのか?を指し示してくれるものでもありません。

 

 

 

実際のところ、相手があなたに強く執着していれば、相手は自分をなんとしてでも獲得しようという行動に出るでしょう。もし、そうでないなら相手は執着していないのです。

そこに対して自分が絶望するとしたら、

(現段階において)自分が望んでいるのは、相手に強く求められることであり、深く愛されることとは違ったのだと知る必要があります。

異性に強く求められる体験を望むのであれば、ツインレイ以外の相手を対象とする必要がありますし、それはそれで、この地上独自の体験として意味のあることなのかもしれません。

 

しかしながら、このレイファムブログをお読みの方は、

この地上で良いとされている男女の関係、良いとされている女性(または男性)としての人生が、どれほど魅力的なものであるかを集合意識によって知らされていてもなお、

もっと確かで、そして異次元的なものを心の奥深くで追い求められていることでしょう。

 

次の記事では、そのような皆様に向けて、より実践的な意識の開き方についてご説明いたします。

 

 

 

Rayfemme

2019-05-30

 

 

Rayfemme
真実の愛で結ばれたツインレイたちをサポートするブログです